最高#240000まで磨き上げる矜持

職人が磨き上げる#10000以上の鏡面仕上げ

今井技巧は創業より金型業界で培った技術とノウハウを生かし、あらゆる金型を1/1000ミクロン精度まで磨き上げることが可能です。また、最高#240000までの磨き上げも対応可能としています。
金型表面の磨き精度では高いレベルでの仕上がりを実現し、積み重ねた経験と最先端の技術を融合させた「金属鏡面加工」を維持することで、私どもはお客様に喜んだ頂ける仕事を心がけています。

磨きサンプル#10000

今井技巧では#10000以上のミガキにも対応し、クリーンシステム『KOACH』を導入することで作業環境を向上させ、最高で#240000までの鏡面仕上げを行うことが出来ます。磨き精度の違いは鏡面仕上げに映しこんだ虚像で確認頂く事も出来ますが、現在今井技巧では鏡面仕上げの数値を検査で出すことも行っています。
#10000

ダイヤモンド仕上げ

#10000のダイヤモンド仕上げは大気中のごみとちりが研磨する際に金属の表面に傷をつけてしまい、失敗となるほど研磨作業に神経を使う番手です。今井技巧ではクリーンシステム「KOACH」を導入したことで数ミクロンレベルの微粒子が原因での傷も発生せず、作業が滞ることなく納期通りにお渡しすることが可能です。
Ra:0.0044μm
Ry:0.0297μm
表面 粗さデータ

磨きサンプル#8000~#800

#3000までは一般大気中での作業でも仕上げは可能ですが、#8000ともなるとやはりクリーンルームでの作業が必要となってきます。#800から#1000についても今井技巧ではムラなくお客様の要望にあわせた仕上げに沿うように作業を行っています。

Ra:0.0075μm
Ry:0.0559μm
表面 粗さデータ

Ra:0.0135μm
Ry:0.1161μm
表面 粗さデータ

Ra:0.0357μm
Ry:0.3052μm
表面 粗さデータ

Ra:0.0500μm
Ry:0.4682μm
表面 粗さデータ

精度を目に見える形に

環境の整備と精度の数値化

今井技巧では匠の技を最大限に引き出すためにクリーン環境の整備を行い、クリーンシステム「KOACH」を導入しました。また、磨き上げた金型の精度を目に見える形にするため、検査機器を取り入れ、ISO9001の認証を受けました。今井技巧の技術・技能・精度をより明確にお客様に見ていただくために最先端技術との融合も果たしていきます。